ダイエットには有酸素運動?筋トレ?

見た目がきれいな体をつくりたい・・、引き締まったウエストにしたい・・。薄着に向けて二の腕をシュッとしたい・・。

多くの女性が考えることだと思います。

 

ダイエットやシェイプアップを成功させるには、筋肉量を減らさないように、筋力トレーニング(筋トレ)を上手く進めなければなりません。さらに効率を高めるために、有酸素運動も取り入れると太りにくく、痩せやすい体が完成します!

筋トレは効果があるの?

筋トレには主に下記のような成果があると言われています。

  • 筋肉量のアップ
  • 脂肪分解ホルモンの分泌
  • 姿勢改善
  • 冷え症の改善

 

筋トレ後は、代謝が高まり、エネルギーが使われやすい状態となっていて、この状態は数時間続くとも言われています。また、筋トレを正しい方法で継続し、筋肉量が増えれば、エネルギー消費の高い、痩せやすい体をつくることができます。

有酸素運動で痩せる?

 以前は筋トレよりも、有酸素運動がシェイプアップに最適、というような言われ方をしていた時期もありました。

その有酸素運動には下記の成果がみられます。

  • 血流促進
  • 内臓脂肪減少の促進
  • 心肺機能向上

もちろん、有酸素運動でも筋肉は使いますが、強度の低い(心拍数の上がらないような)運動では、体の一部の筋肉しか使いませんし、消費するカロリーも少しだけです。また、有酸素運動だけでは、筋肉の成長に必要な条件が満たされず、筋肉量が増加するということはありません。

筋肉が少ない体で有酸素運動をしても、消費カロリーはさほど大きくなりません。

 

それからよく聞くのが、「有酸素運動は20分以上しないと脂肪が燃えない」という内容。

これはどこでどう間違えて理解されたのかはわかりませんが、弱い強度の有酸素運動をしていると、そのときに使用しているエネルギーが糖質よりも脂肪の方が優位に働くということが、間違って理解されたと思います。

 

・ジムドリュクスの有酸素トレーニングの内容はこちら

筋トレと有酸素運動の組合せがダイエットに効果的

やせる(体脂肪を減らす)という目的で有酸素運動を実施するのであれば、低強度の運動をして脂肪が優位に働くのを待つよりも、ある程度強度の高い運動で、多くのカロリーを消費するような運動をおすすめします。

もちろん、その人の体力(筋力や心肺機能など)を考慮してするべきですが・・。

 

上の文章だけ読んでいると、有酸素運動はシェイプアップには貢献しない、ととらえられるかもしれませんが、あくまでも筋肉量の増加について貢献しないだけであって、実際には、筋トレと有酸素運動を組み合わせた並行トレーニングが、筋肉量の減少を予防する最適なトレーニングとして推奨されています。

ジムドリュクスのトレーニング

フリーウェイトトレーニング

見た目はハードなトレーニングに見えますが、筋力の少ない女性にも、細かい筋肉に刺激を入れるトレーニングとしてオススメの運動です。

サスペンショントレーニング

専用器具を用いて、重力と自体重を活用し、筋力・バランス・柔軟性・体幹の安定性を高めるトレーニングができます。女性のような筋力の少ない人でも十分活用できるトレーニングが体感できます。 

特にしなやかな動きを身につけたいという方には、普段使うことの少ない、わき腹や肋骨周辺、お尻の横部分なども、積極的に使うこともできます。

重い負荷を扱うばかりではなく、正しい動きを習得することも大切です。

頭と体を連動させて正しい動きを認識し、自然にリラックスした状態で、体が思うように動かすことができるようにするための運動を実施することも必要です。

 

トレーニングの一例

気になる皮下脂肪を落としたとしても、その下にある筋肉を鍛えていなければ、たるんだままの状態で、見た目もかっこよくありません。筋力には個人差があるので、動きによっては自体重でも十分な負荷になるときもありますが、軽い負荷で回数を多くしても時間をムダに使うだけです。

部位や筋力(場合によっては柔軟性)を考慮して、適正な負荷で実施することをおススメします。

  • ヒップアップトレーニング
  • 二の腕トレーニング

二の腕をひきしめるためには、モノを「押す」動作をしなければなりません。 

立って行うパターンもありますが、イスなどに座って行うときは下半身のふんばりがききにくいので、より腕の動きが厳しくなり、トレーニングにもやりがいが感じられるかと思います。



〒579-8048 大阪府東大阪市旭町1-7 エイウンビル1F

GYM DE LUXE All Rights Reserved.