持久系トレーニング

脂肪を燃やして運動をより効果的に!

大画面があるスタジオでは、自由にお客様の好きな動画や音楽ビデオなどを見ながら気分良くトレーニングルームを活用していただけます。

室内での長時間の運動は退屈なものですね。持久系の運動を継続的に実施するには自分なりのモチベーションを高める方法を見つけるといいですね。そのためには視覚や聴覚に刺激を与えることをおススメします。あとはそれを10分程度からでもいいので、実践するのが長続きする秘訣です。最初から30分以上するのは気分的にもた

ないことが多いと思います。

GYM DE LUXEでは、ご自身のスマートフォンや端末を繋げて、手軽さと便利さを活用して、バイクやランニングを実施することが可能です。もちろん、それ以外にダンスが好きな方はダンスの映像を、ヨガが好きな方はヨガの映像で楽しむことができます。


大画面スクリーンですから迫力のある映像で、お客様の好きな動画や音楽ビデオなどを見ながら、『自分だけの世界』で気分良くトレーニングルームを活用していただけます。

さらに個室として利用できるので、人の目を気にすることなく、個人はもとよりお友達やご家族で楽しみながら運動ができます。

ランニング・ウォーキング

ランニングとウォーキング、どちらがダイエットにいいでしょうか。

例えば60kgの人が3kmを約40分かけて歩けば、約180㌔㌍を消費します。

同じく60kgの人が3kmを約20分で走った場合も、消費カロリーは約180kcalです。正確に測定をすれば若干ですがランニングの方が多くなりますが、ほとんど変わりはありません。

 

膝に不安を持っている人は無理に走るより、負担の少ないウォーキングでも十分エネルギーを消費することは可能です。これを1カ月の間に5回実施すれば約900kcal㌔㌍以上消費します。

逆に走ることが好きな方は、ランニングをすることによって強度が上がり、心肺機能が向上することによって、運動時はもちろんのこと、日常生活時にも体力的に余裕ができ、体調不良をおこすことが少なくなってきます。

 

例えそのときの消費カロリーが少なくても、これらの積み重ねがダイエットには必要です。また、消費だけでなく、心肺持久力も向上によって体の変化を感じることもできます。退屈になりがちな持久系の運動も、大画面スクリーンで音楽や映像を楽しめながら実施できます。

インドアバイク

バイクは脚が太くなるというイメージがありますが、そんなことはありません。もちろん、ものすごく重い負荷(このときはきつくて回転数は遅くなります)で漕いでいたら、その可能性もありますが、本来、バイクはそういった使い方をするより、自分の体力や目的に合わせて行えば、太くなるよりも引き締まった脚にすることが可能です。

おススメの使い方は、負荷は重すぎず軽すぎずで、回転数(ケイデンスとも言います)は70~90回転くらいのやや速めで、『回す』というイメージで漕ぎます。また、ペダルを太ももの前側の筋肉で踏み込むのではなく、お尻(股関節)を中心に脚全体を動かすとスムーズな漕ぎ方が完成し、お尻の筋肉に対しても引き締める使い方ができます。バイクでも十分ダイエットが可能です。

持久系トレーニング受け放題がおススメ!

1カ月3,000円(税別)で、一度のご予約で何時間でも、1カ月に何回でもご利用していただけるプログラムを用意しています。パーソナルトレーニングのあとに一汗かくのもいいでしょうし、1週間の運動ペースを増やすために、別の日に行うのもいいと思います。

また、どれくらいの運動強度で運動したらいいのかわからない方には、日本スポーツ協会認定トライアスロンコーチ1・ランニング学会認定ランニング指導員・国民体育大会トライアスロン競技大阪府代表監督でもある清水がアドバイスさせていただきます



〒579-8048 大阪府東大阪市旭町1-7 エイウンビル1F

GYM DE LUXE All Rights Reserved.